トップ  >  柔桜会とは
柔桜会とは

 

「学習院柔桜会」は学習院柔道を接点として、学習院を愛し、柔道を愛好する者の会です。
昭和28年に発足。翌29年には第1回総会を霞会館で開催し、今では会員約350名を有する大所帯になっております。
 柔桜会の活動は発足以来、有志の会員が寒稽古や日常の稽古及び合宿に参加の上、現役とともに汗を流し、種々指導援助を、50数年にわたり続けてきました。また、四大学や定期戦の応援をおこなっています。
 会の行事として、毎年年初の寒稽古参加から1年が始まり、4月の「オール学習院の集い」ではOB現役対抗紅白試合を挙行、6月に定例総会を開催、四大学や定期戦の応援をおこない、12月の忘年会開催で1年を納めています。
 平成15年、学習院柔道は120年、柔桜会は50周年という記念の年を迎え、平成18年1月28日(土)百周年記念会館に於いて、嘉納講道館長を始め多数のご来賓、柔桜会員、学生170余名が出席して「学習院柔道百二十年・柔桜会五十周年記念祝典」を開催しました。
 またこの日、記念事業として進められてきた「学習院柔道百二十年史」が刊行し、出席者に披露されました。


【学習院柔桜会の目的】

本会は、学習院柔道部(大学・高等科・中等科)の発展・向上に尽力すると共に、会員相互の親睦を図ることを目的としています。


【会員】

(1) 旧制学習院中等科・高等科で柔道部員であった者

(2) 新制学習院中等科・高等科・大学で柔道部員であった者

(3) 学習院に在籍した者で、柔道を愛好する者

(4) 本会に名誉会員・賛助会員・特別会員・客員を置くことができる


          
【役員】
顧 問 石井 寅三郎 (昭和36年卒)
会 長 木下 和之 (昭和43年卒)
副会長 小西 正宏 (昭和50年卒)
副会長 小堀正次(浅井宗兆) (昭和58年卒)
副会長 藤本 克哉 (昭和59年卒)
     
会計監査 山口 博 (昭和57年卒)
事務局長 川島 秀夫 (昭和60年卒)
事務局長補佐 林 徹 (平成6年卒)
     
文化行事担当幹事 大西 有 (昭和40年卒)
文化行事担当幹事 中川 定文 (昭和42年卒)
     
年代統括担当幹事 渡瀬 革一 (昭和34年卒)
年代統括担当幹事 糸井 彰一 (昭和36年卒)
年代統括担当幹事 村木 謙一郎 (昭和44年卒)
年代統括担当幹事 小杉 幸裕 (昭和46年卒)
年代統括担当幹事 正田 孝雄 (昭和55年卒)
年代統括担当幹事 藤間 一正 (昭和56年卒)
年代統括担当幹事 本山 浩毅 (昭和61年卒)
年代統括担当幹事 高谷 聡 (平成4年卒)
年代統括担当幹事 井上 拓広 (平成10年卒)
年代統括担当幹事 安田 裕宣 (平成15年卒)

 



プリンタ用画面
カテゴリートップ
柔桜会
次
主な年間行事
メインメニュー
Login
Copyright © 2009-2011 学習院柔道部 All rights reserved